学生用クレジットカードの利用限度額を比較!おすすめの一枚は?

学生向けに作られたクレジットカードの利用限度額を比較しよう!

学生向けクレジットカードの限度額を比較!

学生向けのクレジットカードは、社会人用と比較すると限度額が低く設定されています。

そのため、「もっと限度額に余裕があるクレジットカードは無いの?」と不満を抱いている学生もいるかもしれません。

そこで、当ページではクレジットカードの限度額に関する比較すべきことを学生向けに紹介しています。

また、限度額を気にする学生の方におすすめのクレジットカードを6枚厳選して、比較表にて紹介。
きっと学生のあなたにベストマッチしたクレジットカードに出会えるでしょう!

それでは、一般的な学生向けクレジットカードの限度額に関するお話からしていきます。

一般的な限度額とは?

一般的な限度額とは?

冒頭でもお話しした通り、学生向けに作られたクレジットカードは、比較的限度額が低く設定されています。

ちなみに、その限度額は基本的に10万円程度
MAXでも、限度額は30万円になることがほとんどです。
そのため、学生によっては、この限度額に対して不満を抱いている方もいるかもしれませんね。

それでは、なぜ限度額が低く設定されているのでしょうか?
その理由は、学生はクレジットカードヒストリーが無く、また返済能力に不安がある方が多いためです。

クレジットカードヒストリー(以降、クレヒス)とは、今まで支払いを滞納したことが無いか、クレジットカードをどれくらいの期間所持しているかなどの情報の事。
要するに、クレジットカードの利用歴をまとめたものとなります。
このクレヒスによって、限度額を決めている発行会社がほとんどです。

したがって、初めてクレジットカードを作る学生は、クレヒスが無いために限度額が低く設定されてしまうという訳なのです!

複数枚持つことで足りない分が補える!

複数枚持つことで補える!

限度額を気にしている学生の方であれば、クレジットカードを複数枚持つことでその悩みを解消出来るかもしれません。

例えば、限度額が10万円の学生クレジットカードを2枚所持するとします。
そうすることで、限度額は2枚合わせて20万円となりますよね。
このように、自分が望む限度額をクレジットカードの枚数で補えるという訳です。

なので、もし限度額20万円では足りないと思えば、その分だけ学生向けクレジットカードを申請すればいいのです。
この方法を使えば、自分の利用計画に合った限度額を実現することができるでしょう。

ただ、一点だけ注意してほしい事があります。
それは、クレジットカードを複数枚作るのは難しいという事。

というのも、複数枚クレジットカードを所持している学生に対して、発行会社は審査を厳しくする傾向にあるからです。

そのため、限度額を補うために数十枚もクレジットカードを作れるわけではありません。

それでは、学生は何枚までクレジットカードを作れるのでしょうか?
結論からいうと、学生であれば平均して3枚程度のクレジットカードを作れます。

というのも、一般社団法人日本クレジット協会が調査したところ、利用者一人当たりの平均的な所持枚数は2.5枚だったため。
全ての利用者を含めた平均所持枚数になるため、学生の場合はこれより少ないかもしれません。

しかし、この情報をもとに学生が所持できるクレジットカードの枚数を判断すると良いと思いますよ。

したがって、限度額を補うために複数枚所持したい方は、2~3枚を基準に学生向けのクレジットカードを作るようにしてみてはいかがでしょうか。

ポイント還元率も比べてみては?

ポイント還元率も比べてみよう!

当ページを読んでいる学生の方は、限度額が高いクレジットカードを比較したい方が多いと思います。

そのため、学生向けクレジットカードを比較する際は、ポイント還元率の比較もしてみてはいかがでしょうか。
というのも、それにより多くのポイントを得ることができるチャンスが増えるからです。

ここで、三井住友デビュープラスとライフカードのポイント還元率を比較してみましょう。
これらの還元率は、以下の表のとおりです。

クレジットカード名 三井住友デビュープラス ライフカード
券面 三井住友ビュープラス ライフカード
ポイント還元率 1.0% 0.5%

表のとおり、これらの学生向けクレジットカードのポイント還元率は2倍の差があります。
これだけの差があるということは、月に10万円利用する方の場合、年間でなんと6,000も獲得ポイントに違いが出ます!
ここまで違うとなると、ポイントで交換できる商品の数や質も変わってくると思いますよ。

したがって、限度額を気にする学生の方であれば、多くのポイントを獲得するために、ポイント還元率も比較するほうがお得だと思いますよ!

おすすめの6枚を比較!

おすすめの6枚を比較!

当サイトが限度額を気にする学生におすすめのクレジットカード6枚を、比較表にて紹介していきます。

ここまでで、一般的な限度額や学生向けクレジットカードの比較すべき項目についてお話ししました。

それにより、限度額に関する知識が深まったり、比較すべきことがわかったりしたのではないでしょうか。

それらを踏まえて、学生のあなたにおすすめのクレジットカードを6枚紹介していこうと思います。

それでは、ご覧ください。

クレジットカード名 三井住友デビュープラス 楽天カード JCB CARD W セゾンブルー・アメックスカード ACマスターカード エポスカード
券面 三井住友デビュープラス 楽天カード JCB CARD W セゾンブルー・アメックスカード ACマスターカード エポスカード
限度額 10~30万円 10~30万円 10~30万円 10~30万円 10~300万円 10~30万円
年会費 永年無料 永年無料 永年無料 3,000円 永年無料 永年無料
ポイント還元率 1.0% 1.0% 1.0% 0.5% なし 0.5%
海外旅行保険(治療費) 最高50万円 最高200万円 最高100万円 なし 最高270万円
ETCカード 550円 無料 無料 無料 なし 無料

この比較表のとおり、限度額を比較すれば、ACマスターカードのみ限度額が格段に高いことが分かります。
このように、学生向けのクレジットカードといっても、限度額に余裕がある一枚も存在します。

しかし、ACマスターカードの性能はその他のクレジットカードと比較してあまり優れていません。
そのため、限度額だけを比較するだけでなく、それ以外の項目も比較することが大切です。

例えば、旅行保険やポイント還元率は一枚ごとに違いがあるので、しっかりと比較する必要があるでしょう。
それにより、学生のあなたにベストマッチしたクレジットカードに巡り合えると思いますよ!

したがって、学生クレジットカードを比較する際は、限度額だけを比較するのではなく、それ以外の項目も比べるようにしましょう!

特におすすめの一枚は「三井住友デビュープラス」

三井住友デビュープラス

学生向けクレジットカードの限度額を気にしている学生に、特におすすめの一枚が「三井住友デビュープラス」となります。

このクレジットカードは、年会費が永年無料
そのため、比較的所持しやすいクレジットカードになるでしょう。

また、初めてクレジットカードを申請する学生であれば、限度額は10万円からスタートすると思います。
ただ、何の問題もなく所持し続ければ、最大30万円に引き上げることが出来るので、学生にとっては十分な限度額となるのではないでしょうか。

そして、このクレジットカードの最大の特徴がポイント還元率になります。
その値は、なんと1.0%で平均的なクレジットカードの2倍高い還元率です。
なので、比較的ポイントを貯めやすいクレジットカードになります。

さらに、入会してから3か月間、このポイント還元率が2.5%になるキャンペーンも実施中です!
比較的高いポイント還元率がさらに高くなるというのは、お得なクレジットカードを探している学生にとっては嬉しいはず。

したがって、この機会に三井住友デビュープラスの入会を検討してみてはいかがでしょうか?

三井住友デビュープラスの詳細ページへ

タイトルとURLをコピーしました